読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタビジブログ

とあるメディア企業で働くオタクビジネスプロデューサーによるブログ。 アニメやゲームなどいわゆる「オタク向けビジネス」の紹介・分析を中心としながら、イロイロ書いていきます。言っちゃだめなことは言いません(=゚ω゚)ノ

【速報】LINE事業の売上(2013年4~6月)が前年同期比3256%!LINEの勢いがヤバイ

f:id:otabiz:20130808181149p:plain

 

LINEが先ほど2013年4-6月期の業績を開示しました(=゚ω゚)ノ

公式:【コーポレート】2013年4-6月期、業績についてのお知らせ 

 

 

各メディアが一斉に報道しています。 

LINE売上高、4.5倍の128億円 4~6月期  :日本経済新聞 

LINE事業の4~6月期、売上高100億円に迫る 前四半期比66.9%増 - ITmedia ニュース 

ニュース - LINEが4-6月期の業績開示、売上高の7割以上をLINE事業が占める:ITpro 

 

 LINE株式会社としての売上としては、以下の通りに発表されました。

2013年4-6月期(2Q)のLINE株式会社の売上額は、LINEおよび広告事業の好調で128億円(前年同期比約348.9%増、前四半期比約45.3%増)となりました。

※LINE PLUS株式会社・LINE Business Partners株式会社・株式会社データホテル連結業績  

 

そんな中、特筆したいのは、LINE株式会社のLINE事業としての売上の急成長ぶりです!

基軸事業であるLINE事業の売上額は 97.7億円(前四半期比約66.9%増)となり、LINE株式会社全体売上額の約76%を占めています。

売上には、ゲーム課金(売上構成比:約53%)、スタンプ課金(同:約27%)、公式アカウント・スポンサードスタンプ等が含まれます。  

2013年4~6月は、ゲーム課金が 3ヶ月で51億円、スタンプ課金が3ヶ月で26億円です。

 

これを一期前の1~3月とくらべてみます。

2013年1-3月期(1Q)のLINE事業の売上額は58.2億円(前四半期比約92%増)となりました。

売上には、ゲーム課金(売上構成比:約50%)、スタンプ課金(同:約30%)、公式アカウント・スポンサードスタンプ等が含まれます。 

ゲーム課金が3ヶ月で29億円、スタンプ課金が3ヶ月で17億円ですね。

 

 まとめると、以下のようになりました。

・2013年1~3月→2013年4~6月

・ゲーム課金:29億円→51億円(176%)

・スタンプ課金:17億円→26億円(153%)

・LINE事業全体:58.5億円→97.7億円(167%)

・会員数:1.5億人→2億人(133%)

 

ゲームの成長がスゴイ!ひと月あたりだと軽く15億円を超えています。

最近では、LINE本体やゲーム「LINEバブル」「LINEポコパン」「LINEウインドランナー」あたりのアプリがAppStoreの売上ランキングの上位によくランクインしているのを見かけますので、7~9月はさらにがっつり伸びていることが予想されます。

ソシャゲで一番課金される月初8/1にLINEポコパンがパズドラを押さえてましたので。

LINEポコパンついに1位!一方、大規模アプデでペット実装もLINEバブルが低調な理由

 

さらに、一番上に貼ったグラフ(LINE公式リリースより引用)にありましたが、2012年の2Qは3億円です。それに対し、2013年の2Qは97.7億円!

LINE事業としては2013年4~6月は前年同期比3256%の脅威の成長率です!

 

ちなみに、これ以外の売上が30億程度(月10億円程度)ありますが、LINE株式会社はLINE以外にも、検索サービス「NAVER」、 キュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」、総合ニュースサイト「livedoor ニュース」、 国内最大級のブログサービス「livedoor Blog」などを展開していますので、その売上です。

このあたりが合わせて月10億円程度の売上と考えると、LINEプラットフォームのすごさがよくわかります。

 

さらにユーザー数の年内目標を以下のように設定。

世界共通のコミュニケーションインフラとなることを目指し、まずは年内までに世界3億人以上のユーザー獲得を目指したいと考えています。 

 

最近だとインドに関しては、サービス開始して1ヶ月で500万人ほどの会員数を獲得しています。10億人の国民に向かって攻めこむつもり満々のようです。

【海外情報】インドでLINEのテレビCMが始まりました : LINE公式ブログ 

インドでも成長するLINEーーテレビCM放映後、新たに500万人の新規ユーザを獲得